FC2ブログ

10連休の危機感

2019-03-13

今年のGWは皇太子の御即位により10連休となるとのことで、観光業界などは好景気を期待しているようですが、医療関係におきましてはかなり危機感をもって受け止められているようです。

先日に徳島県保健福祉部より、連休中の診療体制確保についてアンケートがありましたが、回答に苦渋しております。そうはいっても回答期限があるわけですから、仮決定として回答いたしましたが、一医療機関単独で決めれれることではないような気がします。

医療の現場には多くの女性が働いておりますが、小さな子供のいる方も多く、保育機関の預かりサービスもはっきりしないなか、出勤を要請するのも大変気の毒。

また、医療機関には一次医療機関から三次医療機関まであり、対応できる守備範囲が異なりますが、連休中に診療を行った場合、行き場を失った重篤な患者さんが来院されて、当院のような開業医で対応できないのではないかなどと心配は尽きません。高次医療機関への適切な紹介も開業医の大切な職務の一つと考えておりますが、高次医療機関のバックアップ体制も不明ですから尚更。また、薬の卸の体制も不明で、薬の供給体制についても不安がいっぱいです。

連休中の診療体制については、各自医療機関の任意のようですが、それならば輪番制などの強制にしてくれた方が、むしろ気が楽なような気がします。任意で診療体制をとった場合、これには対応できてこれには対応できませんというのは難しいような気がします。

GWが10連休となることについて、政府によって経済効果が大きいことについて語られておりますが、国の危機感が希薄な感じがしてなりません。
スポンサーサイト

30年の努力

2019-02-03

平成30年度学校保健統計調査で、12歳児平均虫歯等数が0.74本となり、過去最低を更新したとのこと。

歯科医師会が8020運動の一環として始めた若年者のう蝕減少運動も30年の時を経て、やっと実りあるものになったようです。

石の上にも3年と申しますが、30年の努力の重みはすごいものだなぁと感じております。

歯科はアナログ

2019-01-31

最近、大きな医科病院を見学させてもらう機会がありましたが、デジタルテクノロジーの進歩による業務の変化に驚きました。検査のオーダリングから果てはCTの画像再構築まで隔世の感がありました。

振り返ってみると歯科はものすごいアナログ。歯科の分野で最もデジタル化が進んでいるのが、口腔外科やインプラント科と言われておりまして、インプラントのコンピューターガイディドサージェーリーなんかが革新的と言われていますが、AI(人工知能)によって置き換わるものではなく、口腔外科の技術がある人しか運用できない代物です。

先日に日本口腔外科学会雑誌が届き、読んでいると特集に、「歯科医」と「口腔外科」はアナログなんでAIが進歩しても失職しない確率が高いと書いておりましたが、ある意味自虐的な記述のようで笑ってしまいました。

日本歯科医師会製作の映画

2019-01-29

歯医者が集まった時の最近の話題は、歯科医療職の人材不足のことばかり。歯科医師は供給過剰と言われておりますが、それは都市部に限ったことで、偏在しているため、全体的な充足にはもう少しな感じがします。

歯科医師よりもっと深刻なのが、歯科衛生士さんと歯科技工士さんの不足です。歯科技工士さんはことさら!旧来はほとんどの都道府県に歯科医師会立の歯科技工士養成所があったようですが、応募者の減少により閉校が相次いでおり、増員とは真逆の方向に進行中のようです。

華やかな仕事ではないと思いますが、手先の器用な方にとっては自分の長所を遺憾なく発揮できる良い職業だと思います。ただ、職業的認知度が低いことは否めず、それが応募者低迷につながっているような気がします。

そこでというか、日本歯科医師会がその対策として、8020運動30周年記念事業の中で映画を製作したとのこと。

『笑顔の向こうに』という題の、歯科衛生士さんと歯科技工士さんの恋愛と成長を描いたもののようですが、高齢者の患者さんの多い地域歯科医療が舞台で現実的な内容。医療物の映画やテレビ番組では、特異な技術を持った医師が、エビデンスもない突拍子もない治療をするというのがもてはやされるようですが、歯科医師会らしい地に足がついた構成のようです。

歯科衛生士さんや歯科技工士さんの実際が良く描写されているようなので、進路に迷っておられる方がおられましたら、是非、鑑賞をお勧めください。2月15日からイオンシネマで全国公開です。

新年のご挨拶

2019-01-01

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

さて、今年は十干十二支の36番目、己亥の年で、無病息災を願うのが良い年とも言われているそうです。

私は2016年末に大怪我をいたしまして、2017年の正月は入院先の病院で過ごすこととなりましたが、今年は自宅で静かに過ごす正月の幸せを噛みしめております。元々は、辛亥生まれらしく、猪突猛進の性格といわれておりましたが、怪我以降は無理をしない性格となりました。ただ、そうなると、増えることがあっても減ることがないのが体重。今年の目標は体重マイナス10kgです。

ついでながら亥は、日本では動物の「猪」が割り当てられていますが、日本では「猪」の字は「イノシシ」を意味しますが、中国では「ブタ」の意味とのことです。今年の私が、中国での意味の猪とならぬように、今年は運動をとり入れた生活をしていこうと思っている次第です。
プロフィール

奈良井聡

Author:奈良井聡
徳島県の開業歯科医です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR